ヘルシーアップル代表挨拶

 会社は何のためにあるか?
 会社の目的は利益の追求ではない

 「会社とは何か?」と聞かれたら、たいていの人が「利益を得るための組織」と答えるのではないでしょうか。しかし、経営学の父といわれるドラッガーは、この答えは「大間違いである」と言う。
 そもそも会社とは、政府や病院、学校などと同じで、社会を構成する組織の一つです。
 この組織は社会から必要とされているから存在しています。つまり、組織は自分自身のために存在するのではなく、社会や個人のニーズに応えるために存在することであり、営利の追求自体が目的ではありません。  ただ、もちろん利益はいらないというわけではなく、会社にとっては非常に重要で利益を出さなければ、会社は活動できません。

会社の目的は「顧客を創造すること」

 当社がいくら優れたサービスを提供しても“顧客”である利用者様・患者様が来てくれなければビジネスは成立しません。では、私達のサービスを利用してくれる“顧客”をもち続けるにはどうしたらよいのでしょうか。
 ドラッカーは、「すでにあるニーズを満足させるためのサービス、あるいはニーズそのものを生み出すようなサービスを提供することで、顧客に満足を与え続けることだ」と言う。
社会を構成する一組織としての当社は、社会や個人のニーズを満たすために存在し、「顧客を創造すること」が会社の最も重要な存在意義と考えられます。

 今、当社は小規模の事業所から企業へと大きな転換期を迎え、地域や個人のニーズに応えるべく、ショートステイ(ショートステイアップル)の開設準備を進めています。これが「顧客を創造すること」といえるものです。
 当社にとっての最大の資産は「人」(全職員)です。この最大の資産を活用し、長期に継続していく為に、まず私自身がヘルシーアップルの代表であることを強く認識し先頭に立ち、代表職に専念する覚悟でおります。
  「アップルらしい。」「アップルだからできる。」「アップルで良かった。」 そんな施設運営と会社経営を目指します。

(有)ヘルシーアップル 代表  武藤 修(むとう おさむ)

ヘルシーアップル代表プロフィール

武藤 修 (有)ヘルシーアップル代表
誕生日1962年4月8日(花祭り、釈迦生誕日)
血液型A型
趣味夢を実現すること
人生を楽しむこと
資格など■柔道整復師
■赤門鍼灸柔整専門学校卒
■(社)日本柔道整復師会会員
■日本接骨医学会会員(第4回接骨医学会学術発表)
■日本超音波骨軟組織学会会員
■秋整トレーナーズ協会会員
トレーナー活動
■雄物川高校男子バレーボール部帯同トレーナー
春の高校バレー(平成7年〜17年)
インターハイ(山梨、京都、岩手、茨城)
国体(神奈川、富山、宮城)
■平鹿中学校バスケットボール部帯同トレーナー
男子
平成16年 全県大会初優勝 東北大会準優勝(岩手) 全国大会出場(東京)
平成17年 全県大会準優勝 東北大会出場(青森)
平成23年 全県大会優勝 東北大会3位(秋田)
女子
平成19年 全県大会初優勝 東北大会出場(宮城)
平成20年 全県大会優勝 東北大会優勝(青森) 全国大会出場(新潟)
■浅舞女子ミニバスケットボールスポーツ少年団帯同トレーナー
平成17年 全県大会準優勝 東北大会出場(宮城)
平成18,19,20年全県大会3連覇 全国大会出場(東京)
平成23年北東北大会最優秀賞(青森) 東北大会最優秀賞(秋田)

よこて市商工会報第8号より


よこて市商工会報第8号がんばる企業ZOOM UPにてヘルシーアップルが紹介されました。

平鹿中央商工会報第20号より


平鹿中央商工会報第20号にてヘルシーアップルが紹介されました。